悲しい事件

大阪で中学生二人が残虐に殺されるという、またも悲しい事件が起きてしまいました。

二人ともつい数か月前に小学校を卒業したばかりの、まだあどけなさの残る少年少女でした。

未来のある子供たちがこういう理不尽な形で命を絶たれてしまったことへの無念さや悔しさを思うと

とてもやりきれない気持ちになります。

ただ単に学校や親など家族に限られた問題では決してなく、社会全体の大人たちが子供を守ることの意識を持つことが大切ですね。

ちょっとくらいうるさがられても、お節介おじさん・おばさんが必要な時代なのかもしれませんね・・・