人間が生きていくために必要なエネルギーの通り道のことを経絡と呼びます。経絡は全身の足・手から身体の中心までを決まった方向で流れています。

 東洋医学において、人間の身体を構成し生きていくための様々な生命活動を維持している要素は「気」

「血」「津液」としています。「気」は生命維持のエネルギー、「血」は身体の働きを支え臓器に栄養素を運ぶ血液のようなもの、「津液」はリンパなど身体を流れる血液以外の水分のことです。・・・つづく。